託児所ありの看護師求人募集を上手に探すポイントとは?

託児所ありの看護師求人募集

ここ最近で「24時間託児所あり」という看護師の求人募集が増えてきました。

 

出産を機に退職したけれど、子どもを預けて働こうか・・・と考える看護師も多いかと思いますが、普通の保育園や託児所では、3交代・2交代で働くような看護師では預けられる時間が合わないことが多いでしょう。
院内に託児所を設置している医療機関であれば24時間体制で子供を預かってくれるので、多くの看護師が利用しています。

 

託児所がある病院であれば出産の際に退職することなく、育休をとって戻ってきやすくなりますし、出産で退職した人であってもあまりブランクをあけず早いうちに再就職をすることが可能になるということなんですね。

 

院内託児所は同じ職場内にありますので、何かあればすぐにかけつけられて安心という面もありますし、市区町村の保育園の待機児童の問題もクリアすることができます。
夜勤にも対応して、終夜保育をしてくれたりもしますので、忙しく働くママさん看護師の強い味方となってくれます。

 

ただし、設置の状況や規模については、各医療機関でかなり異なります。

 

年齢は0歳から小学校就学前というのが一般的ですが、中には3歳までというところもあります。
人数も10人程度の小規模から40人くらいのところまでありますし、夜勤への対応の仕方も、事前申請すればOKだったり、準夜勤までしか預かってくれないところだったりと本当に様々なのです。
求人票に「24時間保育室完備」と書いてあったとしても、実際の中身についてはきちんと調べてみないとわからないのです。

 

また、子どもが実際に受ける保育の内容もきちんと把握しておくことが大切です。
普通の保育園とは人数が少なくなる分、クラス分けや指導の内容などにも違いが出てくるでしょう。他にも、給食やおやつ等食事についてもきちんとした確認が必要になります。
できれば一度見学をさせてもらえるとベターですね。

 

もうひとつ、子ども預けて働くための注意点として、職場の同僚の方々がどのくらいママさんナースに対する理解があるか、というのがかなり重要になってきます。

 

子どもを託児所や保育園に預けだすと、必ずと言っていいほど熱を出したなどで頻繁に呼び出しが来て早退しないといけなくなります。また、感染症にもかかりやすく、数日にわたって仕事を休まないといけなくなったりもします。
歳を追うごとにウィルスへの耐性ができてくるので、子どもも強くなってはいくのですが、特に最初のうちはかなりの確率で呼び出しがきます。

 

呼び出しが来た際に、「いいよいいよ、早く迎えに行ってあげなよ」といって送り出してくれる環境と、「また抜けるのかよ・・・」と冷たい目で見られる環境では、全然違いますよね。
若くて未婚の看護師が多い職場だと、子育てに対する理解があまり得られず肩身が狭くなりがちです。
ある程度年配の方が多い職場であったり、ママさんナースが多い職場を選ぶなどすることで、働きやすさが全然変わってきます。

子育てに理解ある職場を上手に探すには?

託児所つきで子育てに理解のある職場を探すには、託児所での保育の内容をきちんと確認することと、職場の人たちの雰囲気を知るということが大切です。

 

ですが、そういった内部の情報を自分の力で調べるのはとても難しいものです。特に小さいお子さんがいるママがパソコンにかじりついて情報検索し続けるのも大変だと思います。
ですから、多くの人が看護師転職サービスを利用して求人を探しています。
登録・利用はすべて無料で、専任のコンサルタントが自分の希望に合った求人を紹介してくれるのです。

 

コンサルタントは医療機関の内部情報などにも詳しいので、職場の雰囲気や人間関係、託児所のことについても情報提供してくれます。
また、よい求人が見つかったら、職場の見学をお願いすることも、コンサルタントを通して依頼すれば受け入れてくれるでしょう。

 

託児所ありの看護師求人を探すなら、ナースではたらこがおすすめです。
ママさんナース向けの求人をたくさん取り扱っていますし、求人の数も業界最大級となっているので、きっと希望の職場が見つかるでしょう。

 

ナースではたらこの詳細はこちらから

 



メニュー